UGIKO KITCHEN

32歳東京雑記ブログ

5ヶ月半で私は変わった。

f:id:ugiko:20210730141248j:image

昨日、5ヶ月半のお仕事が終わりました。

私はお人形のバッグやお洋服を手作りしてネット販売して生活しているのですが、その受注販売分の発送が完了したのです。

 

2月の中旬に受注ショップをオープンしました。

なんとオープン後すぐ3分程でいつもの注文数を超え、ショップクローズ時点では6年間このお仕事をしていて一番の受注数となりました。

6年前一番最初のショップの10倍ぐらいの販売数となり、感慨深いと共に、自分でもどれくらい製作に時間がかかるか把握できませんでした。

でもまぁ多く見積もっても、6月中には発送できるだろうと思ってたんです。

 

結果7月滑り込みギリギリ発送となりました。

 

お客様は皆様「無理しないで健康第一」「待っている間も楽しみだから焦らないで」とお優しい言葉をいつもかけてくださるし、発送までに時間がかかっても圧力をかけてくるような方はお一人たりともいないのです。

 

私の内なる完璧主義者が、私を追い詰めるんです。

 

5月下旬から6月頭頃、このままのペースだと6月中発送が間に合わないと確信しました。

お客様には注文数で時期に変動はあるものの、6月頃発送できると思います。と言った手前パニックでした。

でも手作業を雑にするなど言語道断。クオリティは高くなくては私のショップでお買い物してもらう意味がないので、集中することだけが求められました。

しかしどう頑張っても時間は進むし私の作業スピードも上がりません。

 

7月に突入しました。

このブログをお読みくださっている方はお分かりの通り、私は7月13日から急に早起きして散歩して22時に寝始めました。

もうこれはどう足掻いてもだめだと(笑)

5ヶ月半の製作期間の最後の半月でやっと自分を許せたんです(笑)

自分を許せるのがすごく遅いけど、私の性格上ものすごく大きな一歩であり、今後の生き方にも影響したと思います。大袈裟だけど、ある意味生死をかけた自分との戦いだったんです。

それも全て、たくさんのお客様のおかげです。

 

きっとこのブログはお人形のことを書かないので、お客様は読まないと思います。

だから恥ずかしい事も書けるのです。

 

人生で一番頑張った5ヶ月半のお話でした。